古畑任三郎 第2シリーズ 4話 「赤か、青か」(ゲスト:木村拓哉) あらすじとネタバレ

このエピソードは権利関係の問題で地上波はもちろん、VODや有料チャンネルでも視聴ができない。

当時23才のめちゃくちゃカッコいい木村くんを視聴する方法は以下ページ↓で紹介します。

『古畑任三郎』の欠番エピソードを視聴する方法

視聴方法には興味なければ以下↓からこのストーリーのあらすじと感想をどうぞ。

スポンサーリンク

事件の序章について

木村拓哉(通称:キムタク)演じる林功夫君は若き爆弾魔

天神大学電子工学部研究助手という立場だ

林くんは深夜こっそりと遊園地に忍び込んで観覧車に爆弾を設置した

しかし帰る段階になって自転車の鍵がないことに気づく

観覧車の中に落としたと気づき観覧車に戻って探すが見つからない・・・

彼が一度観覧車から離れてカギを探しに戻るまでの間にちょっとしたことがあった

夜勤の警備員が「こんな夜中に・・・」と観覧車に何かを探しに行っていたのである

これが後に大きく関わってくる

そもそも林クンはこんな深夜にこっそり侵入するのに自転車にカギをかける必要あったのか?

仕方ないから工具で自転車のチェーンを切ろうとしていると警備員(金井大)に見つかる

最近自転車盗難が多いと言う警備員は念のために防犯登録番号を控え始める

素性がバレると困る林くんは工具で後頭部をブン殴って警備員をブッ殺しちまいました

翌朝古畑は警備員殺人事件の捜査に入る

朝早いことで低血圧の古畑はしんどくてたまらない

そんな古畑に対して向島巡査(小林隆)がコーヒーとカミさんが作った軽食を差し入れる

古畑任三郎シリーズは「刑事コロンボ」シリーズを意識した作品であることは有名

ピーター・フォークの吹き替えをした石田太郎を第1部5話の「汚れた王将」などに出演もさせた

登場人物が妻の事をやたらと「カミさん」と表現するのも刑事コロンボのオマージュなんだろう

その「カミさん」が作った軽食の中に「おみくじクッキー」があった

文字通りクッキーの中におみくじの紙が入っているという不衛生なクッキーだ

そもそもおみくじごと食っちまったらどうすんだこれ

それはともかく古畑の運勢は「大吉」だった

ラッキーカラー:赤

恋愛運:最高

健康運:良

とまぁこんな結果だったわけで

長々となぜこんなことを説明するのかとあなたは思うだろう

だがこれラストで関わって来る大事な部分なんでね

ちなみに向島君の「カミさん」は1996年当時深夜枠で放送していた「巡査・今泉慎太郎」で触れられるが高校出たばかりの若い子で内田有紀ちゃんそっくりの美少女ということらしい

なんでも少年課担当だった時に補導してそれが縁で結婚したとか

しかしこんなのをせっせと作る向島君の「カミサン」はよほど彼の事が好きなんだね

まさにこれがホントの「恋するフォーチュンクッキー」って感じ?

それはともかく警備員殺しの捜査で来ていた古畑は現場の状況を見ただけで事件の大概を把握する

警備員は夜中に自転車の防犯登録番号を調べていて殺されたと

殺された警備員のメガネと手

地面にあった自転車のタイヤ跡とチェーンの破片

それだけでそこまで全てわかるとは・・・まさに超人的洞察力である

今回のストーリーの序章(ネタ振り)はここまで

そしてついにキムタク・・・じゃなくて林クンが動き出した!

 

遊園地に脅迫電話が入った

観覧車に爆弾を仕掛けたから昼までに3000万円用意しろという要求だ

ボイスチェンジャーも全く使わず地声でそのまま電話する不用心な林くん

林くんは「デモンストレーション」として遊園地で小さな爆発を起こした

現場にいた古畑はなし崩し的にこの脅迫事件にも関わることになる

そして古畑は警備員殺人事件と爆弾魔はおそらく同一人物で間違いないと判断する

爆弾処理班が到着して物々しい雰囲気になってきた

そこに到着した爆弾処理班が応援協力を要請したのが林くんだった

彼は爆弾処理班のエースが信頼を寄せるほどの優秀な専門家という設定のようだ

天神大学が遊園地のすぐ近くということもあり必然的に声がかかった

だが不注意にも警備員殺しの原因になった自転車で来たことで古畑はすぐに彼を疑う

特にマウンテンバイクのタイヤ跡は独特だからこれはさすがにバレバレか

そもそも断ればよかったのになぜ協力を引き受けたんだろうか?

 

爆弾が仕掛けられた観覧車は停止されている

爆弾が仕掛けられた太陽の絵があるゴンドラ内には今泉が乗っていた

しかし林くんは1つ下の月の絵がある観覧車に爆弾があると勘違いしている

昨夜月のゴンドラに乗った客から財布を忘れたからすぐ調べろと遊園地に連絡が入った

そこで警備員が調べる為に観覧車を1つ動かしていたからだ

それは彼が太陽のゴンドラに爆弾を仕掛けてから自転車に戻っていた間のことだ

そして自転車のカギがないことに気づいた彼が戻った時は1つ隣の月のゴンドラだった

どんなに探してもカギは見つからないわけだ

ゴンドラ内の今泉の携帯電話からの説明では爆弾の構造・実態がさっぱりわからない

今泉の説明が下手すぎるのも尚更拍車をかける

だが林くんはその通話を聞いてもいないのに爆弾の構造を紙に記していた

古畑はこれでますます彼を疑う

ただ彼はなぜここでこんな詳細な構造図を描いたのかよくわからない

そんなことする意味がないのに

そして古畑は林くんがゴンドラに乗っているのが女性だと思っていることを不審に思う

彼は双眼鏡で確認して月のゴンドラには女性が乗っていることを把握していたからだ

しかし古畑はなぜ彼が今泉を女性だと勘違いしているのかこの時点ではわからない

だが古畑は露骨に彼に張り付いて事件の概要をほとんど見抜いている事を示す

動揺を誘うかもう逃げられないと諦めさせて爆発を止めさせるためだろう

古畑の露骨な挑発に林くんはいら立ち始める

だが彼は冷静を装う

 

今泉がゴンドラ内から行きつけのスナックかキャバクラに私用電話を始めて連絡が取れなくなる

苛立った爆弾処理班の暮睦(大谷亮介)は窓から観覧車に向かって叫ぶが声が届くわけがない

しかしその光景を見ていた古畑は今泉の1つ下のゴンドラに女性がいるのを確認する

すぐに警備室に確認に行くと昨夜夜勤にいて観覧車を動かした警備員がまだいた

夜勤も日勤もいるなんて24時間勤務なのかこの警備員は

それはともかく昨夜ゴンドラを1つ動かしたことを古畑は知る

ニヤリとほくそ笑む古畑

そして園内の売店で売っているマスコットキャラクターのキーホルダーが目についた

・・・

以降はクライマックスのネタバレ含むからオチを知りたくないならここまでで読むのを止めておきましょう

 

古畑はいよいよ林くんを露骨に犯人扱いし始める

犯人扱いされたことに彼は憤慨して現場から去って大学に帰ってしまう

しかしこれは古畑の狙いだった

彼を現場から立ち去らせる必要があったからだ

現場から去らせることで「爆弾は解体した」という嘘の芝居をふっかける狙いだ

そしてポイントになっている「自転車のカギ」が見つかったと思わせるために

警備員殺しが自転車の鍵の紛失がきっかけであったことは察しているのである

古畑は部下の芳賀(白井晃)や爆弾処理班の暮睦(大谷亮介)に向島巡査を連れ林くんの研究室にやってくる

爆弾は無事解体されたと告げそして昨夜のゴンドラの移動のことを明かす

さらに古畑はゴンドラの中から「これ」が見つかったと手の平で隠したある物を見せる

手で隠れているから上と下がちょっとだけ見える程度で具体的には何かわからない

だが鉄製のロッカーの上でその物の下の部分を叩くとコツコツと固体音がする

いかにも「自転車のカギ」っぽく見える・・・

林くんは動揺するが芳賀や暮睦の芝居が下手すぎて爆弾はまだ解体されてないと確信

古畑に「断言してもいいですよ。起爆装置はまだ解除されてないし、カギはまだゴンドラの中です」と彼は堂々と告げてしまう

古畑は一堂に「今の聞いたね?」と確認する

一同も「聞いた」と明確に答える

林くんはついに露骨に動揺して「聞いたって・・・何が?」と問う

古畑は「あなたこれをカギと認めたんですよ。申し訳ないが私は一言もこれをカギだとは言っていない。それはここにいる全員が証人です。あなたのおっしゃる通りこれはあなたのカギではありません。しかしあなた、どうしてこれをカギだと思ったんですか?」と問う

林くんは「さっき見えたから・・・」と自信なさげにつぶやく

古畑は「何が?」と問う

林ちゃんはさらに自信なさげに「カギが・・・」とつぶやく

古畑は「ん?」と再度問う

はやちゃんは声を荒げて「自転車のカギが見えたから!」と言う

すると古畑は再び「はい、今の聞いた?」と一同に確認する

全員語気を荒げて「聞いた」と答える

古畑は「確かにゴンドラには自転車のカギが落ちてました。今泉が見つけました。充電の切れかかった最後の電話で証言してくれました。しかし、なんであなたはそれを知っているんですか?」と追及する

はやちゃんは「だからさっき見えたって・・・」といいかけるが、それを遮るように古畑が手を開いて手の中に隠していた「自転車のカギらしきもの」の正体を見せる

それは先ほど「24時間働けますか?」状態の警備員と会話した時に見つけたこの遊園地のマスコットキャラクターのキーホルダーだった

おそらく今泉からの報告で自転車のカギの形状を聞いていたんだろう

キーホルダーのような形状のカギだからできた「ブービートラップ」だった

それを見てキムタクは絶句してしまう・・・

これで完全に「アウト」である

「それでわざと下手な芝居を・・・」と悔しがるキムタク

しかしここで冷静に戻って「待って・・・。ってことは?」と彼は古畑に問う

古畑はまだ起爆装置は解除されてないと告げる

「あなたはもう終わりです。これ以上無駄な犠牲者を出すべきではない。教えてくれませんか?ブルーかレッドか・・・」と問う

ブルーとレッドというのは起爆装置解除のために切るべき導線のことだ

ドラマとか映画の爆弾解除シーンでよく「パチン」と切るアレだ

そのどちらを切るかがわからず現場では困っていたのである

林くんは何か思いつめたような目をして「ブルーを切れ」と答える

古畑はその心の内を探ろうと彼の目や表情をじっくり見つめる・・・

そして「赤だ」と赤い導線を切る指示を出すよう伝える

今泉が無駄な私用電話をしていたせいで既にケータイの電源は切れている

1996年当時のケータイなんてバッテリー切れはあっという間だった

だから下から赤か青の旗を振って合図する打ち合わせになっていたようで

赤い旗が振られる

泣きそうな顔をした今泉が赤の導線を切る

無事起爆装置は解除され爆発は免れた・・・

古畑は「あなたはメカのプロかもしれないが、私は人の心を読むプロです。あなたの考えていることなどお見通しです」と告げる

そして「ただ・・・1つだけわからないことがあるんです。どうしても金目当ての犯行とは思えないんです。3000万はフェイクだった・・・違いますか?どうして爆弾なんかしかけたんですか?」と問う

シャバで最後のタバコを吸おうとしていたキムタク

第一シリーズ最終話の小暮警部みたいに「タバコいいですか?」と聞きもせず

イキりまくりな若者を23才のキムタクが熱演

イケメンのメインキャストがタバコを咥えるなんて今じゃ絶対放送NGだろうね

それにしてもこの頃のキムタクは後ろに紙を束ねてると関ジャニ錦戸にそっくりだ

やっぱ似たような顔ばっかり集めるんだね

芸能界にいる人って男も女も「同じ系統」の顔が確かに多い

最近よく思うのは新垣結衣と吉岡里帆とかね

似てるよねこの2人も

でもガッキーは誰からも好かれるけど吉岡里帆はアンチも多いらしいようで

そのあたりは違うけど似てることは似てる

日本人に受けやすい(人気が出やすい)顔の系統ってあるんだろうね

その系統である顔の持ち主をスカウトしたりオーディションで合格させたりしてるんだろうなと思った

それはともかくキムタクは遠い目で窓から観覧車の向こうにある時計台を見つめながら「邪魔なんだよあの観覧車。あれができてから時計台が見えなくなっちゃった。だから排除を・・・これが理由かな」とヘラヘラ笑う

古畑はシリーズ中唯一激昂し「裏拳ビンタ」で思いっきりキムタクの横っ面を叩く

叩かれたキムタクは顔を抑え動揺して古畑を見つめながら芳賀に連れてかれた

どっかのアムロみたいに「親にもブたれたことなかったのに」って感じだったの?

そもそも「ブルーを切れ」と嘘をついた時点で大量殺人未遂でもある

もし古畑がそれを信じてブルーを切るよう指示していたらどうする気だったのか

ただ動機が「時計台が見えなくなったから」っていうのはちょっと弱いような・・・

最後に残った向島が「よくぞアイツの心を読みましたね」と感動して古畑に声をかける

しかし古畑が「人間の心なんて簡単に読めるもんじゃない」と返す

そしてさっき食べたおみくじクッキーのクジを出す

そこにあったラッキーカラーは赤という部分を示して「人間最後に頼れるのは運だけ。当たるじゃないこれ」と笑って今回のストーリーは終わり

—————————————————————————————————-

最大のポイント!古畑は本当に重大な決断を“ラッキーカラー”に賭けたのか?

なかなかカッコいいラストに仕上がったが、あの古畑が大勢の人命がかかった極めて重要な決断を確率五分五分で運否天賦の丁半博打みたいな危険な賭けをするとは思えない

これはやはり林くんが最後「ブルーを切れ」と言った時に目力が失われてなかった(改心・観念した気配がなかった)あたりを古畑の卓越した人間洞察力から見抜いて嘘だと判断したのかなと解釈しているがこのあたりはどうなんだろう・・・

観念した様子も反省した様子も彼の目力からは見受けられなかった

つまり・・・どうせ逮捕されるなら「爆破する」という本懐だけは遂げてやろう・・・

そんなことを考えて「ブルーを切れ」と敬語も使わず答えた

敬語なしでしかも「切れ」と命令口調だったのも思えば挑戦的な反応だ

反省して観念した人間の口から出る言葉でもないだろう

さらには古畑自身も「私は人の心を読むプロです。あなたの考えていることなどお見通しです」と言い切っている以上やはり「嘘を見破った」と判断するのが妥当である

林くんの本心では3000万はフェイクで本来の目的は観覧車の爆破だけにあったことをこの時点では古畑はまだ完全には理解しきれていないがある程度はそれも察していた

そういった諸々をあの一瞬で勘案して嘘を見抜き「赤だ」と指示を出したわけだ

とんでもない洞察力と判断力である・・・

古畑は他の事件でも卓越した人間洞察力と共に犯罪者心理も超人的に理解している

やはりこのシーンも心理状態を見抜いての判断もあったと考えるのが妥当だ

フォーチュンクッキーがラッキーカラーを赤に指定したのも多少は後押ししたか?

しかしどっちにしても危険な賭けだったことは事実である

何気にしっかり地上にいる旗振り役から目を離さずそして余計な部分に手を触れず無事に導線を切って爆破を阻止した今泉もお手柄だろう

1996年の本放送時は放送当日の深夜23時台に10分ドラマとして「巡査・今泉慎太郎」が放送され、その中で科学捜査研究所(科研)の桑原(伊藤俊人)といつもだったらその日の事件について語るわけだが、この回は芳賀も科研に来ていて今泉と「どっちが古畑さんと親しいか」で張り合う展開に・・・

キムタク(林クン)のミスと弱点

 

それにしても林くんは何でいちいち自転車にカギなんてかけたんだろうか?

深夜に誰もいるわけないんだからカギなんてかけないでおけば完全犯罪だったかな?

とにかく自転車のカギが彼の足を完全に引っ張った結果となった

それがなきゃバレることも・・・いやそれでも結局あんな詳しい図を描けたら古畑にどっちみち疑われてたか

そもそもあんな詳細な構造図をわざわざ書く必要もなかったのにね

さらにいえば起爆装置解除の協力なんて受けなきゃおそらく迷宮入りだったかもしれないのに

どっちみち爆破事件が起きて古畑が担当することになれば近くに住む爆弾の専門家としていずれ嗅ぎつけられた可能性はあるけど

それにしても今回キムタクが古畑にやられた“ブービートラップ”は実は「古畑任三郎 VS SMAP」でも最後にほぼ同じような仕掛けとオチでキムタクがやられてSMAP全員逮捕に繋がることになる

あの時はキーホルダーじゃなくて紙吹雪だったが

その時に古畑が「木村拓哉(キムタク)」に言い放った言葉は「あなたのようなタイプが一番ボロを出すことを私は経験で知っています」だった

「あなたのようなタイプ」とは挑戦的でオラオラ強気な性格のことだ

それはもしかしたら今回のストーリーに登場した林功夫のことを指していたのかもしれない・・・

林功夫くんも「架空の木村拓哉(キムタク)」くんも演じる木村拓哉本人の性格を反映させたのかどうかはわからないが強気でオラオラな性格だった

この性格がどちらの事件でも最後に躓くきっかけになったわけである意味冷静になれない弱点であったとも言える

同じSMAPメンバーでも吾郎ちゃん(稲垣吾郎)の方が常に冷静沈着で完全犯罪には向いている性格じゃないだろうか?

どっちみち手で隠して犯人じゃなきゃ知り得ないことを喋らせるという手法は今回古畑が用いたものと同じやり方である

今回のストーリーは古畑シリーズ史上屈指のスリリングな展開であった

この回の視聴率が跳ね上がったことで古畑任三郎シリーズは完全な人気シリーズとして定着した

まさに功労者的位置づけのストーリーと言える

90年代のキムタク(木村拓哉)人気絶頂期のすさまじさがモロに発揮されたと言える

スリリングで本当に面白いストーリーだった

何より木村くんがめちゃくちゃカッコいいのよ!

このエピソードの視聴方法については以下↓でご確認を

『古畑任三郎』の欠番エピソードを視聴する方法

タイトルとURLをコピーしました