テレビ朝日「スーパーJチャンネル」問題に思う、「笑えるやらせ」と「笑えないやらせ」

テレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」のやらせが発覚した

「真実の報道」が求められる報道番組のやらせは問題である

かつての「発掘あるある大事典」のように健康情報番組のやらせ問題も未だに根が深い

やらせが蔓延しているテレビ業界

ネットやケータイ→スマホが普及して「テレビが最大の娯楽」という時代は90年代で終わった

それ以降はテレビ業界はジリ貧の一途であり数字の為にやらせに手を染める例が後を絶たない

テレビ業界の苦境がありありと垣間見える

スポンサーリンク

「やらせ」でも面白かった「藤岡弘の探検隊シリーズ」

健康情報番組や報道番組でやらせなど例え内容が面白かったとしてもあってはならないこと

だがバラエティだと話も変わってくる

エンターテイメントの一環としてそれが面白さに繋がっているなら大して問題もない

もちろん誰かを傷つけるような内容であれば問題だが

2000年代にテレビ朝日は「藤岡弘の探検隊シリーズ」を何度か放送していた

藤岡弘が隊長となりメンバーを率いて世界各地の未確認生物を追うというコンセプトの番組だ

「冒険エンターテイメント」という曖昧な表現で「やらせ(フィクション)」をほのめかす番組だ



藤岡弘が毎度のように「おい!あれは何だー!」と絶叫する

山の上から巨大な大木がなぜか転がってきたり

洞窟の中に入れば大量のヘビが鎌首もたげていたり

隊員の背中になぜかサソリがモソモソと動いていたり

現実ではありえないような摩訶不思議な事象が次々と発生する

まさにこれがホントの「摩訶不思議アドベンチャー」って感じの“冒険活劇”だった


ナレーションもいちいち大げさなことばかり言って作品を大いに盛り上げていた

川の上にかかった丸太の一本橋を渡るシーン

大した深さもない浅い川なのに「もし落ちたら命はない」とか視聴者の恐怖(?)を煽ってみたり

しかもそんなこと言っておいて本当に隊員が落ちたりして

下手くそな芝居がかった声で「うわ~!助けてくれ~」とか言って溺れたフリをする隊員の姿

ナレーション含めもうその一連の流れに腹がよじれるほど笑ってしまった


おそらく後にも先にもあれほど大好きだった番組はない

これほどワクワクさせられた番組もなかった

「ワクワク」とは冒険にワクワクするんじゃなく次は何で笑わせてくれるのかというワクワクだ

こんな感じで「やらせ」なのは普通に感じていた

本当にヘビやサソリが跳梁跋扈する世界へ冒険していると思っていた視聴者も結構いたらしいが

とにかく多くの視聴者は「やらせ」なのはわかっていても楽しんで視聴していた

プロレスと「やらせ」問題とアントニオ猪木



プロレスが「やらせ」とか「八百長」とか言われるのと同じかもしれない

そういわれるとプロレスファンの多くは「やらせだろうと面白ければ何でもいい」と言い返す

藤岡弘の探検隊シリーズもまさにそうで「面白ければ何でもいい」というスタンスで見ていた

そういえば藤岡弘の探検隊シリーズってプロレスと似てるよね

大の大人たちが真剣になって存在もしない未確認生命体を必死な面して探したりして

プロレスラーが真剣に闘いを「演じて」いるのとよく似てる

探検隊シリーズのナレーションはプロレスなら実況アナだ

プロレスの実況アナもプロレスがまるで真剣勝負で本気で闘ってるかのように喋り続けるし

そういえばテレ朝は今民法で唯一プロレス中継をしているテレビ局でもある

「スーパーJチャンネル」も「ワールドプロレスリング」も「藤岡弘の探検隊シリーズ」も...

やっぱりそういうテレビ局ってことなんだろうか(笑)

プロレスだってよくプロレスラーにアナウンサーを暴行させたりしてたけどあれも・・・ね

有名なアントニオ猪木の「出る前から負けること考えるバカいるかよ!」のビンタとか

あれをくらった佐々木正洋アナウンサーは重度のムチウチで入院するハメになったんだとか

少なくとも殴られる流れは台本通りのはずだろうがムチウチがマジなら普通に傷害罪だ(笑)

プロレスの演出(アングル)ってどこからどこまでがマジか外部にはさっぱりわかんねーからなぁ

ただこれは当然話つけてないと大問題じゃないだろうか?

しかも猪木は当時参議院議員という立場だったんだから尚更だ(笑)



他にも辻よしなりアナが蝶野正洋に殴られたり真鍋由アナが大仁田厚に殴られ蹴られ・・・

テレビ朝日のアナウンサーはプロレスラーに暴行を受けることまで「仕事」でさせられたわけだ

今思えばとんでもないブラック企業だったなァ(笑)

ちなみに上述した佐々木アナは猪木に(公の場で)殴られた最初の一般人だそうで

有名な予備校で殴られたあの空手少年が最初の「被害者」だと思ってたけど違うんだね

その空手少年も猪木のビンタが効いたのか大学受かって今すごい出世してるんだってね

世界の果てまでイッテQ!と進め(進ぬ)!電波少年



テレビ朝日だけがやらせばっかりやってるってわけでもない

同じくプロレスを長年放送していた日本テレビもいろいろあった

まだ記憶に新しい「世界の果てまでイッテQ!」もそうだし

それよりもっと強烈なインパクトだったのが「進め!電波少年

今や大スターになった有吉弘行がまだ猿岩石というコンビでユーラシア横断ヒッチハイクを断行

今はほぼ絶縁状態の相方・森脇和成との苦難の道中に日本中が注目したもんだ



だがそのアジアヒッチハイク横断紀行も途中で何度か飛行機に乗って移動したことが判明

多くのファンが憤慨したもんだ

さらにこの番組は後継番組(「進ぬ!」)での「15少女漂流記」という企画でもやらせが発覚

やらせじゃなかったらなかったで「アポなし突撃企画」なんてもんもヤっちまってた!

ペルーフジモリ大統領にまで詰め寄って国際問題に発展しかけたりもしたとか

ガチならガチでもとんでもない暴走ぶりを示した番組だった

“ガチ”ならガチで危険極まりない電波少年とお笑いウルトラクイズ



この番組のプロデューサーはとんでもない性格の持ち主で尋常じゃない数字至上主義者だったとか

数字の為ならやらせもそうだしどんな危険なロケもタレントに敢行させていた

マフィアや暴力団の事務所にアポなし特攻させて山崎(現・月亭)邦正だったか拳銃で脅されたり

松村邦洋をけしかけた結果チーマーに暴行されるハメになったり

ユン・ピョウだったか海外のスターにも突撃させてSPに殴られかけたりとか

まだテレビが寛容だった時代ということもあって今じゃありえないような無茶をさせていた



日テレは「お笑いウルトラクイズ」という番組も放送していた

これも出演芸人たちに文字通り「体を張った」命がけの危険な行為を強要して笑いを取る番組

ダチョウの竜ちゃんとかバスごと水没させられマジで溺死しかけたそうで

サウナに長時間閉じ込めるやつとかも地味に相当ヤバい企画だと思ってなんだか笑えなかったなァ

テレビが元気だった時代と言えばそれまでだけど

本家「ウルトラクイズ」みたいにあんな金かけて海外ロケする予算なんて今のテレビ局にはないし

「あいのり」や「テラスハウス」の場合

この手の番組もヤラセ疑惑は尽きない

これも「ほぼ黒に近いグレー」と言わざるをえないだろう

だがこれもやらせであっても楽しめる人は多いと思う

特に女性はやらせかどうかなんてそこまで気にしないだろう

もうドラマ感覚で見ているし誰かと誰かがくっつく過程がみたいだけなんだ

それが「台本」にある動きであったとしてもそこにキュンキュンできれば満足なわけで

男性の場合はそうもいかないだろうが

とにかく大半の女性はやらせかどうかも考えず純粋に楽しんでいただろう

「人間観察バラエティ モニタリング」の場合



近年の番組でやらせと言わて浮かぶのはTBSの「人間観察バラエティ モニタリング」だろう

まぁ「極めて黒に近いグレー」ってとこだろうけど大半はもう藤岡探検隊シリーズ同様の目線かと

つまり「台本」の存在を知りつつも見ているという

でもこの番組めちゃくちゃ面白いんだよね

だからやらせならやらせでも良いんだよ面白くて多方面に迷惑をかけるわけじゃなきゃ

吉岡里帆可愛いし

テレビ史上最悪の事態を招いた「アフターヌーンショー」のやらせリンチ事件



だが健康番組や情報番組・・・そして報道番組のやらせはダメだ

テレビ朝日はもう30年以上前だが「アフタヌーンショー」という番組で最悪な「やらせ」を犯した

番組が謝礼をはらってリンチを教唆してその様子を放送するという暴挙を犯した

しかも女子中学生をリンチさせるというとんでもない内容だ

それが発覚したことで番組は打ち切りになりディレクターは逮捕される

後に本を出して暴行教唆はしていないと主張し会社側の意向で敢えて逮捕されたとのことだが

何から何までドロドロした最悪の事件である

挙句にはその女子中学生の母親が自殺するという最悪の結果まで招いてしまった

30年以上前の事だとは言えそんな大不祥事を起こしたのにまたこうしてやらせが発覚した

本当に残念な話である

やらせなしで面白い番組を作ることは不可能なのか?

そもそもバラエティ番組なんて全て裏では「台本」があるとさえ言われている

誰がどの場面でどう喋るとかさえ決まってる事もあるそうでつまりは「プロレス」なんだと

そして「過激さ」を求めるとやらせに走る

視聴者をハラハラさせたり興味を惹きつけるにはやらせはとても効果的なんだろう

面白ければそれで良いんだけどね

でもやらせなしでも面白い番組が作れないのも悲しいもんだなとは思う

YouTuber(ユーチューバー) のやらせ事情


これはテレビに限った事ではない

今テレビの視聴者を多く奪っているYouTuber(ユーチューバー)だって同じだ

よく話題になるぼったくりバーに潜入したとかの動画はほとんどやらせだと言われている

あと架空請求業者に電話したりするやつもそうだとか

特に架空請求業者の事務所に突撃したり自宅に架空請求業者が来たりとか...

あとは街中でケンカしたりとか・・・



この手の動画はほとんどがやらせだそうで

過激さを求めて再生回数稼ぐためにはそういうものも必要なんだと

別にやらせが犯罪というわけじゃないしその動画が面白けりゃそれでいいんだけど

ゲーム実況とかも「初見プレイ」とか言ってプレイしてるの多いけどあれもほとんど嘘

実際はクリアしたこともあるし熟知してるのに初めてやるフリしてるのが大半

初見プレイで事前情報もなしじゃ詰まるような箇所も不自然すぎるほどすんなり突破したり(笑)

藤岡弘の探検隊シリーズの映像ソフト化はほぼ絶望的



面白さを追求するためならやらせも厭わない

バラエティ番組ならそれでも良いのかもしれない

それだけ藤岡弘の探検隊シリーズは楽しかったし

DVD化してほしいんだけど絶望的みたいだね

もう権利を持っている制作会社がなくなっちゃったらしくて

残念だなァ

タイトルとURLをコピーしました