マスク売り切れ問題は中国人だけでなく日本人による「マスク高額転売」も原因

 

マスク売り切れ問題と中国人や日本人によるマスク高額転売の闇

マスク売り切れ問題が先月末から深刻化して日本中で悲鳴が上がっています。

中国人が転売目的で「爆買い」しているのも事実です。

しかし問題はそれだけでなく日本人の転売屋さんも「爆買い」しまくっています。

日中両国でアコギな転売が横行しているわけです。

 

2月2日現在、Amazonで通常数百円のマスクが10倍以上の7000円~10000円前後で絶賛販売中!

とんでもない“ハイパーインフレ”

以下に2月2日時点でのマスク高騰ぶりを露骨なまでに記しておきます↓

 

・(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入
(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入がドラッグストアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通常時699円が8,000円!

 

・(日本製 PM2.5対応)超立体マスク スタンダード ふつうサイズ 30枚入(unicharm)

(日本製 PM2.5対応)超立体マスク スタンダード ふつうサイズ 30枚入(unicharm)
(日本製 PM2.5対応)超立体マスク スタンダード ふつうサイズ 30枚入(unicharm)が家庭用マスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通常時468円が5,800円!

ちなみにこれメルカリでも通常時468円×6=2,808円が19.000円で売れてます!

 

・(PM2.5対応)BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク) レギュラーサイズ 白色 50枚入

(PM2.5対応)BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク) レギュラーサイズ 白色 50枚入
Amazon.co.jp: (PM2.5対応)BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク) レギュラーサイズ 白色 50枚入: ドラッグストア

通常時409円が7500円!

 

・(PM2.5対応) フィッティ 7DAYS マスク EX 60枚入 ふつうサイズ ホワイト

(PM2.5対応) フィッティ 7DAYS マスク EX 60枚入 ふつうサイズ ホワイト
(PM2.5対応) フィッティ 7DAYS マスク EX 60枚入 ふつうサイズ ホワイトが家庭用マスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通常時597円が9,500円!

 

・超快適マスク ふつう 50枚〔PM2.5対応 日本製 ノーズフィットつき〕

超快適マスク ふつう 50枚〔PM2.5対応 日本製 ノーズフィットつき〕
超快適マスク ふつう 50枚〔PM2.5対応 日本製 ノーズフィットつき〕が家庭用マスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通常時1,600円が8,500円!

 

・(個別包装) フィッティ 7DAYS マスク 100枚入 ふつうサイズ ホワイト PM2.5対応

(個別包装) フィッティ 7DAYS マスク 100枚入 やや小さめサイズ ホワイト PM2.5対応
(個別包装) フィッティ 7DAYS マスク 100枚入 やや小さめサイズ ホワイト PM2.5対応が家庭用マスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通常時1,600円がなんと驚異の26,000円!

 

 

ボッタクリバーも真っ青な超絶悪徳商売が横行している!

しかも恐ろしいことにそんな価格でも売れまくってるんです。

転売屋さんはボロ儲けですね。

 

出品者を見ると、確かに中国人も多いですね。

元々中国人は日本のAmazonは稼げることを知っていて2010年くらいから大々的に進出している。

↓の記事で触れた『NHKクローズアップ現代+』で特集された“やらせ(ステマ)レビュー”問題とか

Amazonの偽(不正)レビューを見分ける方法と“サクラチェッカー”の現状について

 

 

しかし、やらせ(ステマ)レビューは日本人の悪質な販売者の間でも横行しています。

そして今回の「マスク買い占め」問題も日本人転売屋が動いていることは確実。

上に挙げた価格暴騰マスクの出品者の大半は日本人だからです。

しかも新規出品者がやたらと目立ちます。

これ多分今マスクを転売すれば稼げると吹き込まれて「転売デビュー」した人たちでしょうね。

こんなのって一時的でずっと稼げるわけないのに...。

 

 

金がほしいからって世界規模で問題になっているコロナウイルス問題につけこむとは。

そこまでして稼いだ金を得て罪悪感はないんだろうか。

しかも弱みに付け込んで通常時の10倍前後ボッタクリ価格で販売するとか。

なんだか悲しい話だなぁ。

そんなことしてまで稼がなきゃいけないなんて。

稼げれば何でもいいとかそういう問題じゃないと思うんですよね。

 

 

メルカリも見てみましたけど、やっぱりとんでもない価格で販売している人ばかり。

Amazonほどではないにしろ結構買ってる人が多いです。

しかしメルカリユーザーは価格には厳しいからめちゃくちゃ売れてるわけでもなし。

やっぱりAmazonが異常なんでしょうね。

普段からメルカリより2~3割高い価格でもどんどん売れてますから。

メルカリでも上で挙げた19000円の人みたいに買う人は買うんでしょうけど。

それにメルカリはまとめ売りができるのがAmazonにない強み(?)みたいな部分がある。

見てみるとまとめ売りで万単位でボロ儲けしてる人もたくさんいますね。

メルカリって厳しいイメージあるけど結構ザルなんですかね。

 

 

メルカリでマスクをふっかけた価格で出品している人がコメント欄で喧嘩してます。

転売のことを咎められたようで。

悲しい光景だなァ。

『こち亀』の両さんが土砂崩れで物流が途絶えた時に大量に食料を仕入れて荒稼ぎした話がある。

崖から飛び降りて麓の商店まで買い出しに行ってね。

なんかそんなエピソードを思い出してしまったわけですよ。

 

 

ただ、このような悪質な転売をやっていれば必ずAmazonは動くでしょう。

そのうち相場を大きく外れた価格設定は禁止されることになるかと。

こういうことをする人がいるから、規制が厳しくなる。

結果的に転売は稼げなくなり、自分たちの首を絞めるだけな気がします。

 

 

アフィリエイトとかも3年くらい前にDeNaのキューレーションサイトが問題起こしました。

医療関係者でもない人にデタラメな医療記事を書かせまくって荒稼ぎしてたとか。

その結果、Googleが厳しい規制をしたようですっかり稼げなくなったようで。

その指導的立場にいた責任者の女性は今シンガポールに逃げて暮らしているそうです。

というか、ネット上で詐欺的なやり方で暴利をむさぼってた人ってほとんどシンガポールですね。

あの国って逃げるには良い環境なんでしょうね。

 

 

転売もアフィリエイトも結局悪質な人がやりたい放題やって多くの人に迷惑がかかる。

最終的に自分たちの首まで絞めることになる。

それにしても今回のマスク問題は酷い話だと思うんですよ。

特に日本はこれから花粉シーズンに突入します。

さらにマスク需要が高まるこのタイミングで買い占めですからね。

花粉シーズン到来も見越しての買い占めだったんでしょうけど。

 

それにしても値付けがわかっていない転売屋さんが多いですね。

ビジネス(商売)の世界では価格の末尾は「8」にする考えが一般的です。

末尾を「8」にするとなぜか購買意欲が高くなったり、

支払いへの抵抗感が薄れたりする心理的効果があるわけで。

「端数価格効果」って言うんですけどね。

 

市場では販売価格で「19,800円」とか「198円」とかよく見かけるでしょう?

この場合、2万円とか200円にするより安く感じさせる効果(錯覚)も確かにあります。

でも19,000円とか190円を19,800円や198円に値上げしても逆に売れた実験結果すらある。

それだけ「8」という数字は日本人には好かれやすい数字でもあります。

「8」は漢数字なら「八」と書き、末広がりを意味することもあるとか。

でもさすがに買い物の時にそこまで考えてる人なんて国文学者くらいじゃないかと思うけど(笑)

 

でも今回のマスク転売はもう8も何もないめちゃくちゃな価格。

とにかく10倍にしてふっかければ売れるという状態なんでしょうね。

ただ、ここまでぼったくられても買ってる人がたくさんいる事の方が驚きです。

不況だと言われているのに金ってあるとこにはあるんですね。

それだけ必要性に迫られて泣く泣く買っているのかもしれませんが。

マスクなんて普段ならダイソーで30枚を100円で買えるのにね。

タイトルとURLをコピーしました