ヨーグルトは40℃に温めた「ひとはだヨーグルト」が乳酸菌を最も活性化させる

ヨーグルトは40℃に温めた「ひとはだヨーグルト」が乳酸菌を最も活性化させる

「林修の今でしょ!講座」でヨーグルトの免疫力と整腸作用を高める方法が特集された。

 

ヨーグルトは40℃くらいに温める(電子レンジで30秒ほど)と乳酸菌が最も活発化するとのこと。

 

戸塚護先生によると、腸内の温度も37℃くらいだからとのこと。

 

これについては様々な医師が元々も言及していることであり、実際このオレも聞いたことがある。

 

はちみつを入れて食べると、ハチミツのオリゴ糖は善玉菌のエサになるからより整腸作用が期待できるとのこと。

 

スポンサーリンク

ヨーグルトは食前より食後に食べる方が整腸作用と免疫力UP両方期待できる。

 

ヨーグルトは胃酸に弱いから、食前に食べると生きて腸まで届きにくくなる。

胃酸が薄まっている食後の方が生きて腸に届きやすくなる。

だからヨーグルトは普通に食後のデザートとして食べるのが良い。

ヨーグルトダイエットでもしてない限り食前に食べるのはやめましょう。

【林修の今でしょ!講座】最強のキムチの食べ方BEST3について!
【林修の今でしょ!講座】でキムチの免疫力UP効果について放送された。 キムチはすごいってことがよくわかった。 キムチVSヨーグルトではどちらが免疫力が強い? 結論から言うとキムチ。 高崎健康福祉大学教授(元東京農業大...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました