【林修の今でしょ!講座】最強のキムチの食べ方BEST3について!

【林修の今でしょ!講座】でキムチの免疫力UP効果について放送された。

キムチはすごいってことがよくわかった。

最強のキムチの食べ方BEST3

スポンサーリンク

キムチVSヨーグルトではどちらが免疫力が強い?

結論から言うとキムチ。

高崎健康福祉大学教授(元東京農業大学応用生物学部教授)の岡田早苗先生が教えてくれた。

決め手は免疫力に繋がる乳酸菌の質が両者では違うからだ。

キムチは植物性乳酸菌であるのに対して、ヨーグルトは動物性乳酸菌であるということ。

 

ヨーグルトの動物性乳酸菌は胃酸に弱いから、胃酸が強い時に食べると生きて腸まで届かない。

だからヨーグルトは食前に食べるとその効果が大きく落ちてしまう。

 

だが、キムチの植物性乳酸菌は胃酸に強いから生きたまま腸にとんどん届く。

キムチの製造工程は乳酸菌にとっては過酷かつスパルタな環境になる。

さらに「オキアミ(小エビみたいなやつ)」を薬味に加えると乳酸菌がさらに増える。

また真空パックに入れ酸素を少なくするとさらに乳酸菌が増える。(乳酸菌は空気が嫌い)

このような過程を経てキムチは流通するから、乳酸菌もめっちゃ強くなっているわけ。

さらに白菜の中にはもともといろんな乳酸菌が存在していて、その中で「生存競争」が発生する。

勝ち残り生き残った「最強種」の乳酸菌だけが残っているということもある。

 

逆にヨーグルトの動物性乳酸菌は「温室育ち」で甘やかされて育った「軟弱野郎」だ。

だからちょっとした逆境(胃酸)に負けちまうってわけ。

“叩き上げ”で苦労をいっぱいしてきたキムチの植物性乳酸菌は精神的にタフ。

だからちょっとした逆境(胃酸)などに心が折れたりしないってわけ。

 

「酸っぱいキムチ」が一番乳酸菌が多く含まれている!

スーパーで売っているキムチも味は様々だ。

日本人好みの味付けにしようと辛いだけでなく、甘いものや酸っぱいものもある。

この中で最も乳酸菌が多く含まれているのは「すっぱい」キムチ。

岡田先生によると、乳酸菌が働いていると酸味が出るからだ。

 

基本的に酸っぱいものって何でも身体に良いよね。

梅干し・酢・もずく・レモン・チーズ・らっきょう・・・そしてヨーグルト。

とにかく酸っぱいもん食っときゃ健康になれるってことだ。

 

キムチの塩分は高くない

 

キムチは塩分が高い食品と思われがちだが実は塩分はかなり低い。

その塩分は白菜の塩漬けより低いのだ!

塩気が強く感じるのは唐辛子のせいらしい。

だからキムチは安心して食いすぎることができるってこと。

 

キムチは過熱しすぎるとNG(でも40℃前後なら寧ろOK)

 

キムチは60℃を超えるほどの高温で熱するとせっかくの乳酸菌が失われてしまう。

乳酸菌は熱に弱いんだ。

だから豚キムチやキムチ鍋は上手いけど免疫力はUPできない。

どうしても入れたければ出来上がってから食べる直前に入れるとか工夫した方が良い。

 

ちなみに、乳酸菌はヨーグルトにも言えるが40度前後くらいの過熱なら逆に乳酸菌がUPする。

だから体温からちょっと高いくらいまでの温度なら寧ろ過熱した方が良い。

ヨーグルトは40℃に温めた「ひとはだヨーグルト」が乳酸菌を最も活性化させる
「林修の今でしょ!講座」でヨーグルトの免疫力と整腸作用を高める方法が特集された。 ヨーグルトは40℃くらいに温める(電子レンジで30秒ほど)と乳酸菌が最も活発化するとのこと。 戸塚護先生によると、腸内の温...

 

キムチを食べた時の口臭を抑える食材は?

 

キムチを食べると口臭が気になってしまう。

この講習はにんにくに含まれる「アリシン」という臭い成分が原因。

この「アリシン」はタンパク質と一緒に摂取すると取り込まれてしまう性質がある。

だから牛乳やヨーグルトと一緒に食べれば口臭を抑えることができるのだ!

 

最強のキムチの食べ方BEST3(一緒に食べると免疫力をさらに高める食材ベスト3)

 

キムチはあるものと一緒に食べると免疫力UP効果がさらに高まることがわかっている。

その「あるもの」ベスト3を今から発表する。

 

第3位 豆腐

 

「キムチ豆腐」として食べているお方も多いだろう。

豆腐に含まれるオリゴ糖は善玉菌のエサになるから腸内環境を改善して免疫力はさらにUPする。

 

第2位 納豆

 

これは結構有名だよね。

相性も良いし。

大豆のオリゴ糖は善玉菌のエサになり乳酸菌がパワーアップする。

これはもう豆腐でもヨーグルトでも言われていること。

さらに納豆には納豆菌もあり、コイツが悪玉菌を退治して腸内環境をさらに良くしてくれるわけ。

 

第1位 わかめ

 

わかめに含まれる「水溶性食物繊維」は腸内細胞(善玉菌)にとって“最強のエサ”になる。

これを喰らうことで善玉菌はめっちゃパワーアップして免疫力もグングンUPするわけ。

さらにキムチの乳酸菌がその善玉菌をさらにパワーアップするわけ。

界王拳とかバイキルトをどんどん善玉菌に発動させているようなもんだと考えれば良い。

ただ、キムチは過熱しすぎたらNGだからわかめは水で戻してサラダにして食べると良い。

あとはわかめご飯(ちょっとさましてね)もね。

 

キムチ毎日50g程度摂取するだけで良い

キムチがこれだけ免疫力UPに効果があるとわかれば大量に買い占めしなきゃと思う人もいるかもしれないが、キムチは1日50g程度で良いと岡田先生が番組内で言っている。

 

小皿にちょっと乗せた程度の量だ。

 

一度に大量ではなく、毎日継続して少しずつ食べて、乳酸菌を毎日腸に送り込むことが大事。

 

だから無意味に大量に買い占める必要はない。

 

そもそもキムチは日持ちしないから、買い占めても腐らせるだけだし、都度必要な分だけ買えば良いのだ。

 

最強フード(?)の「キムチヨーグルト」はどうか?

 

番組内ではラストで今回のテーマとなったキムチとヨーグルトを一緒に喰らう展開になった。

ヨーグルトと一緒に食えば口臭を気にしなくて済む。

どちらも乳酸菌が豊富だから身体にも良い。

だがいかんせんあまりにも不味そうだ。

こんなもん食うなんて、単なる罰ゲームじゃあないのかと思ってみていた。

だが、内藤剛志が「おいしい」と言っていたほど。

 

これが気になって実際試してみた・・・が。

・・・美味くはない(笑)

でも確かに食えないわけでもない。

キムチの辛さがまろやかになる感がある程度。

林先生も言ってたけど、無理に食うほどのもんでもないか(笑)

それよかキムチをわかめと一緒に食ってた方が免疫力は普通にUPするっしょ(笑)

ヨーグルトは40℃に温めた「ひとはだヨーグルト」が乳酸菌を最も活性化させる
「林修の今でしょ!講座」でヨーグルトの免疫力と整腸作用を高める方法が特集された。 ヨーグルトは40℃くらいに温める(電子レンジで30秒ほど)と乳酸菌が最も活発化するとのこと。 戸塚護先生によると、腸内の温...
タイトルとURLをコピーしました