目上の人に「了解しました」はNG

意外と知らない日本語シリーズ。

今回は理解を示す表現である「了解しました」について。

 

これ、意外と上司とかましてや取引先相手に使ってしまっていることが多い表現だけど、この表現は尊敬や謙譲の意味が含まれない「丁寧語」でしかなく、

対等か下の立場の相手にしか本来は使えないものになる。

 

まぁ、目上の人相手に「了解しました」を使っても目くじら立てられることはあまりないかもしれねーけど、正しい日本語表現にこだわるとか、極力人間関係は万全の状態にしておきたいというのであれば避けた方が無難。

 

スポンサーリンク

「了解しました」の代用表現

 

では、目上の人に理解したということを伝えるには何と言えば良いのか?

以下の2つを用いればいい。

  • 「承知しました(いたしました)」
  • 「かしこまりました」

これらはどちらも敬語として使える表現であり、ビジネスシーンで使用しても問題ない。

 

日本語って本当に細かい。

細かすぎる。

あなたが日本語にウンザリする気持ち・・・このオレにはよっくわかりますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました