正月太りのダイエット方法・対策はアロマが最も簡単!

あなたは正月に太りましたね?

それでいいんです。

太れるのは健康の証。

太ったら痩せりゃいいんです。

 

では、そのダイエット方法・対策に最も手軽な方法を教えまひょう。

それが「アロマ」です。

つまり、匂いを嗅ぐだけで痩せりゃいいんです。

スポンサーリンク

アロマでダイエットができる(痩せられる)理由

ここであなたは「匂いを嗅いだだけで痩せられるなんてあるわけない」と思っただろう?

このオレだって最初はそう思っていたさ。

でも、実際に試してみて本当に効果があったから敢えてめんどくせーのに記事にしたんだ。

この記事をみつけたあなたはラッキーだ。

もうこれで肥満に悩まない人生を得られる可能性が高いんだから。

アロマには“人生を変える”力を秘めている。

 

なぜか?

それは嗅覚が脳に直接作用できるから。

人間が太るも痩せるも脳次第。

脳が脂肪を蓄えるように指示を出せば肉体はどんどん太る。

逆に脳が脂肪を燃焼するように指示を出せば肉体はどんどん痩せる。

だから、脳に痩せる指令を出させる成分のアロマオイルを買えば良いだけ。

 

アロマオイルを選ぶ際の注意点!

 

ここであなたは「さっさと痩せる効果のあるアロマオイルを教えろや!」と思っただろう?

だがその前に、「アロマオイル」と言っても2種類あることを知らなきゃならない。

  • 精油(Essential oil) ⇒ 天然100%
  • 合成アロマオイル ⇒ 石油系原料によって作られた合成香料

上記2種類のうち、ダイエット効果が期待できるのは精油の方だ。

間違っても合成アロマオイルに期待しちゃいけない。

サプリメントで例えれば、精油は有効成分が必要量しっかり含有されているもので、

合成アロマオイルは含有量が全く足りないスカスカの安物(6ヶ月分が1,000円以下等)ということ。

 

また、大前提として薬を服用中だったり、妊娠中・搾乳中の場合は使用不可

その点はくれぐれもご注意を!

 

精油と合成アロマオイルの見分け方

精油と合成アロマオイルの見分け方は簡単。

まず一番てっとり早いのは価格。

合成アロマオイルは極端に安い。

例えば100均にあるもんはほぼすべて合成アロマ。

精油は安くても1,000円前後する。

価格が極端に安ければほぼ確実に合成アロマということ

 

あとはケースや瓶に「精油」か「Essential oil」と記載があれば精油。

それがなければ合成アロマ。

 

他にはそのアロマの成分名(学名)が瓶等に記載されてれば精油。

記載されてなければ合成アロマ(その成分を使用していないから記載できない)となる。

 

上記3つの判断基準で判別は十分つく。

 

ダイエット効果のあるアロマオイル

では、いよいよお待ちかね(?)のダイエット効果のあるアロマオイルの紹介に入る。

実は結構多いけど、全部挙げてたらキリがないし迷うだけなんで、

特に効果的なもの3種類に絞って紹介するから、

まずはこの3つだけ知っときゃいい。

 

ダイエット効果のあるアロマNo1 グレープフルーツ

グレープフルーツのアロマオイル

グレープフルーツのアロマオイルは食欲抑制効果がある。

ここであなたは「食欲抑えるだけじゃまだ弱い」と思うだろう?

さらに、天然グレープフルーツの香りには交感神経を刺激して、

中性脂肪を燃焼させる「UCP」というたんぱく質の分泌を促進させる効果がある

 

文字通り、香りをかぐだけで腹も減らず脂肪も燃焼しやすくしてくれる「奇跡の香り」

このオレもグレープフルーツアロマで1か月半で6キロの減量に成功した。

 

単純に食事量が減った。

グレープフルーツのおかげで腹あんま減らなくなったし、

何より間食が減ったから。

 

そして脂肪が燃焼していたんだろう。

USPが活発化しただけでなく、

血行促進効果もあるので尚更脂肪が燃えやすく、

デトックス効果もあった。

 

脂肪も燃えているが、

太陽も燃えている。

 

ダイエット効果のあるアロマNo2 ローズマリー・ベルべノン

ローズマリー・ベルべノン

ローズマリーのアロマには

  • ベルべノン
  • カンファ―
  • シネオール

の3種類ある。

その中のベルべノンには脂肪を溶解する効果があり、

おかげさまでむくみやセルライトの解消ができるのである。

 

それだけでなくローズマリー/ベルべノンには若返り効果もあり、

その歴史は古く、14世紀ハンガリーのエリザベート王妃は70歳を過ぎ老化で苦しんでいたが、

ローズマリーの力で若返りポーランドの20代の王子に求愛されるほど美しくなった逸話もある。

 

これは創作だけど、

現代でもローズマリーの若返り効果はヒト試験でも実証されていて、

シワやほうれい線を薄くする効果が確認されている。

 

身体が若返れば痩せやすくなるのも当然。

 

ちなみにローズマリー/カンファ―は集中力を高める効果

ローズマリー/シネオールは抗菌・殺菌効果がある。

 

オレは仕事で集中力がほしいからローズマリー/カンファ―を愛用している。

めっちゃ集中できるぞこれ!

 

ローズマリー三種類の違いについては↓に詳しく

ローズマリーのアロマオイルの種類と効果の違いについて
ローズマリーのアロマオイルはその様々な効果で注目を浴びていて、一口に「ローズマリー」と称されることも多い。しかし、実際は カンファ― ベルべノン シネオールの主に3種類あってそれぞれ香りや効果が違うことは意外と知られていない。この記事

 

ダイエット効果のあるアロマNo3 ブラックペッパー

スパイシーな香りで好き嫌いが分かれる成分だが、

この成分は新陳代謝を活発化させる効果がある。

 

新陳代謝が高まれば脂肪燃焼効果も高まるわけで、

この効果が大きいことと、

この成分にも食欲抑制効果がある。

 

さらに、消化機能を整えて血行を促進する効果もあるので、

身体の内側から痩せやすくなる期待がとても大きい。

 

アロマオイルの使用手段について

 

では、アロマオイルを手に入れて、どうやって使うかという話だが、

極論アロマオイルはティッシュやハンカチに数滴しみこませたり、

お湯を注いだコップに数滴たらして香りを味わうことはできる(ただ、精油は飲まない方が良い)。

 

それ以外ではアロマディフューザーが火も使わず、

香りも広範囲に広がるのでおすすめだが、

一番香りを楽しめるのはやはり火を使う方法になるだろう。

 

でも、最初は数百円で買えるアロマウッドやアロマストーンから試すのが一番無難だと思う。

オレもアロマデビューは無印良品のあの大福みたいな形したアロマストーンからだった。

 

だが、アロマストーンは香りがかなり弱いので物足りなく感じる可能性も高い。

いろいろ手段はあるので、自分に合ったものを探していただきたい。

以上。

 

タイトルとURLをコピーしました